【開催報告】パパママパークこすぎ

7月23日土曜日10時~11時半頃

今日のパパママパークは、急遽場所をコスギタワーに変更して
開催させて頂きました。
参加してくださった方々、移動にご協力頂きありがとうございました。

今回は夏休みということで、ボランティアの中学生が3人来てくれました。
小さな子と触れ合えて、癒されたと感想を言ってくれました。

絵本を読んでもらったり、ハンドベルをしたり、小杉の歴史の話を
聞いたりと、少人数でしたが楽しく過ごして頂けたと思います。

s-IMGP7055 s-IMGP7053 s-IMGP7045 s-IMGP7046 s-IMGP7059 s-IMGP7062 s-IMGP7057 s-IMGP7043 s-IMGP7061

 

【告知】8月のちょっと小さな交流会

夏休み特別企画

「乙女文楽を知ろう!」
人形遣いを体験してみよう
日時:平成28年8月19日(金第三金曜日
午後1時30分(終了予定午後3時頃)
場所:エリマネコミュニティスペース リエトプラザⅡ

地元ひとみ座乙女文楽教室修了生による上演と
ひとみ座講師による解説があります。
ぜひ皆さま、お誘いあわせの上おこしください。
お待ちしております。
詳細はチラシをご覧ください。

8月19日修了生修正版

【開催報告】第83回こすぎナイトキャンパス「はじめて触れる戯曲#4」

今回のこすぎナイトキャンパス「はじめて触れる戯曲」のテキストは、野田秀樹版「真夏の夜の夢」でした。

多彩な言葉遊びと巧みでスピーディな掛け合い、そしてそれらから生まれる笑いとカタルシス。台詞が飛び交うたびに、あちこちから笑いが起こっていました。演者でもあり観客でもある。両方楽しめてお得感満載の一夜でした。

演劇に親しくない方たちにも、存分に楽しんでいただけたようで、なによりです。

次回の戯曲企画『はじめて触れる戯曲 読む、感じる、声に出す!』#5は、四谷怪談を予定しています。
日時:2016年8月22日(月)19:30~21:00
夏休み後半で、曜日・場所が定例と変わりますので、お気を付け下さい。

【告知】夏休み企画 ラジオ体操ウィーク

毎週日曜日に開催している、コアパークdeラジオ体操も5月15日より始めているので、2か月程続いております。
始めた当初はどれくらいの方が、参加されるかわからなかったので、不安でしたが、毎週60名近い方の参加があり、感謝です。
体操の後のゴミ拾いも皆さまにご協力いただき、本当に感謝しております。
芋ちゃん・浜ちゃんも頑張りますので、今後とも宜しくお願い申し上げます。
夏休み企画として、毎週日曜日のラジオ体操の他に、平日になりますが、午前8時よりラジオ体操を企画いたしました。
7月は7月25日(月)~29日(金)
8月は8月22日(月)~26日(金)
皆様のご参加お待ちしております。
最終日にプレゼントがあるかもしれません。
お楽しみに。

0102030406

 

【6月の防災WG 神戸・石巻・熊本のトイレ事情に学ぶ】

さる6月25日に6月度の防災WG定例を開催いたしました。
今回は防災WGも参加しているNPO法人日本トイレ研究所(トイレ研)様にて”災害におけるトイレの事例”という趣旨の勉強会が開催されたため、その参加報告と情報共有を行いました。

トイレ研では、これまで東北など被災地でのトイレ環境改善において積極的に活動を行い、衛生環境の向上など様々な成果を上げて参りました。と同時に実際に被災地でのトイレ環境に触れることにより、公衆衛生環境の構築と運営に多大なノウハウをお持ちです。今回の熊本地震においても現地に入り様々な活動を行い、それらの様子を勉強会で報告いただけるとあって、マンション防災の面でも何か気づきのポイントを見出せないかと思い、勉強会に参加した次第です。

先の防災フェスなどで被災地のトイレ事情については情報を頂きましたが、被災地のトイレに関しては、やはりいつ拝見しても大きな課題を突き付けられる思いがします。また、不思議と見るたびに何か新しい気づきを得られます。
まずは阪神淡路の時のトイレ事情が紹介されていました。
当時、仮設トイレは行政施設を中心に比較的多く設置されていたようですが、大体5日程度で使用ができなくなったようです。理由は至ってシンプルで、バキュームカーが圧倒的に足りない、そしてだんだんきれいに使うことができなくなり、全て使用禁止になってしまっていたようです。これ、実は自分たちに当てはめてみても状況は変わっていません。
川崎市(中原区)のバキュームカー台数にも限りがあり、潤沢ではないことが想像されます。反対に住民数はどんどん増えていっていますので、単純に考えても神戸と同様の事態は他人事ではないと言えます。やはりそれらを打破するのは自分たちで衛生を確保できるよう備えることに尽きるのではないかと思う次第です。

次に石巻の事例が紹介されていました。石巻の事例も過酷なものでした。津波などで既存のトイレは早々に壊滅してしまっているため、袋を入れた段ボールに用を足しているような事例もありました。「自分はこの状況で用を足せるか」「水も十分にない中、自分はこのような中で衛生状態を確保できるのか」事例の写真を見ながら思わず自問自答してしまっていました。
石巻の事例ではその他の気づきもありました。仮設トイレは汎用品のため、使う人のニーズに必ずしもマッチしない、色々な人が快適に使えるよう、色々なニーズを取り込んでいこうという取り組みも紹介されていました。和式を洋式に変える、上着をかける場所を確保する、照明を用意する、ペーパーのストックを湿らず置けるよう上に棚をつくる(個人的にはどれも標準装備でないという点にびっくりではありましたが)・・
これは一つ、トイレを単に用を足すための空間から、パーソナルな空間という考え方を取り入れることにより、色々な方がより快適かつ清潔に使えるようにするにはどうすればよいかという観点が形になったものではないかと考えました。

最後に熊本の事例が紹介されていました。東北にもあった和式を洋式にする点がかなり重要なポイント(特にご高齢の方のご利用など)になっていたようです。併せて車内で避難生活をしている方も仮設トイレを利用するため、特に夜などどのように誘導すべきか(ホームセンターなどにある、突き刺すタイプのソーラー照明が大活躍したとのことです)、東北でも直面した、より多くの方がトイレを利用できるようにするにはどうすればよいかの課題に取り組まれた様子が強く伝わってきました。
熊本のある避難所ではマンホールトイレが活躍したようです。くみ取りがいるトイレと異なり、下水に直接つなぐことにより、長期間安定稼働することができたという実績が得られた模様です。自分たちのマンションがマンホールトイレが使える環境なのかを確認する必要がありますが、もし使えるならば大きな武器になることが予想されます。
熊本もまた多くの気づきに触れられる事例でした。

このように、これまでの被災地のトイレに関する事例から、現状のマンションの備えにはどのような課題があるか、その課題を解決するにあたり、必要なアイデアはどのようなものがあるかについてディスカッションを行いました。
そのほかにも情報収集の現状確認や家具対策に関しての進め方など、多くのテーマでディスカッションを行い、次のアクションを決めました。
今回も密度の濃い定例となりました。ここでのディスカッション内容をもとに、それぞれのテーマを前に進めて参ります。

【告知】第84回こすぎナイトキャンパス:又吉直樹「夜を乗り越える」を読もう!

今回の課題図書は新書です。
話題の芥川賞作家・又吉直樹氏の「夜を乗り越える」で語りましょう!
本書は、又吉氏の幼少期からの本とのふれあいや、「火花」の創作秘話が収録されています。
「芸能人」「話題すぎる本」ということで、読むチャンスを逃していませんか?
又吉本で語り合える場はなかなかありません。
この機会に幅を広げて、せっかくですから楽しんでみませんか。
みなさまの参加をお待ちしております!

第84回こすぎナイトキャンパス『夜を乗り越える』を読もう!
日時:2016年7月26日(火)19:30~21:00
会場:NPO法人小杉駅周辺エリアマネジメント事務所 リエトプラザ2
参加費:無料。ただし課題図書は各自ご持参ください。
持参物: 課題図書「夜を乗り越える」
(又吉直樹・小学館よしもと新書)http://www.amazon.co.jp/dp/4098235013

■詳細及びお申し込みはこちらから!http://www.kokuchpro.com/event/knc84/

【告知】第83回こすぎナイトキャンパス はじめて触れる戯曲#4

今回の課題図書は野田秀樹作品からですが、どの作品になるかは当日のお楽しみ。講師のAshさんから、夏にふさわしい作品を選んで頂きます。
資料は当日に配布されますので、あらかじめ課題図書をご用意いただく必要はありません!
そういう意味では皆さん事前準備もなく横一線ですので、非常に参加しやすいかと思います。
「う~ん、戯曲?」
と思っていた方も、この機会に参加してみてはいかがでしょうか。実際に参加された方の満足感は折り紙つきです^^

第83回こすぎナイトキャンパス
『はじめて触れる戯曲 読む、感じる、声に出す!』#4
日時:2016年7月15日(金)19:30~21:00
会場:リエトプラザ
参加費:無料
持参物:なし
課題図書は野田秀樹作品ですが、当日Ashさんがご用意くださいます!

詳細およびお申し込みはこちらから!!http://www.kokuchpro.com/event/knc83/

武蔵小杉駅周辺の地域コミュニティの形成や安全・安心のまちづくりをめざして 略称:NPOエリマネ