エクラスタワー武蔵小杉

2013-12-20 11.14.17

エクラスタワー武蔵小杉は、2013年3月竣工し、地上39階地下2階総戸数326戸で、東急東横線武蔵小杉駅直結の高層マンションであります。1951年から武蔵小杉駅南口地区西街区再開発組合による複合施設の住宅棟として建てられました。

武蔵小杉再開発の中で、再開発組合施工としてはじめてのマンションであります。また、隣接する商業施設は、2013年4月オープンした武蔵小杉東急スクエアや中原図書館などがあります。複合施設としての管理組合は、住宅管理組合、施設管理組合、全体管理組合の3つの管理組合があり、2013年から住宅管理組合がエリマネの会員マンションとして加盟させていただき、KOFなどのエリマネ活動に参加させていただきました。

2014年以降は、住宅管理組合としていくつかの委員会などを立ち上げることも検討し住民同士の交流を図っていきたいと思っております。今後とも会員マンションの方々との情報交換などを行っていき、またエリマネ活動にもご協力していきたいと思っております。

武蔵小杉駅周辺の地域コミュニティの形成や安全・安心のまちづくりをめざして 略称:NPOエリマネ