読書会7/8 参加者11名

課題図書「日本でいちばん大切にしたい会社」

著者:坂本 光司(あさ出版)

概要(AmazonHPより一部抜粋)

様々なメデイアで「泣けるビジネス書」として話題沸騰!3巻まで刊行されている第1巻目の著書です。2部構成で、第1部では「会社経営とは『5人に対する使命と責任』を果たすための活動である」であるとして、経営の目的を以下の5つに定めています。

1社員とその家族を幸せにする

2外注先・下請け企業の社員を幸せにする

3顧客を幸せにする

4地域社会を幸せに、活性化させる

5株主をしあわせにする 。

多くの経営書では、会社は株主のものである、と書いています。また、「会社は誰のものか」という議論では「株主のもの」という考えが支配的で、経営の目的も「顧客満足」とか「株主価値の最大化」などということが当然のように言われています。しかし著者は、みんな勘違いしている、と喝破しています。会社は顧客のためのものでも、まして株主のためのものでもない、というのです。社員が喜びを感じ、幸福になれて初めて顧客に喜びを提供できて初めて収益が上がり、株主を幸福にすることができる。

だから株主の幸せは目的でなく結果である。これが著者の主張です。

第2部ではその主張を実証する「日本でいちばん大切にしたい会社たち」として5社を取り上げています。

心を打つ、胸にしみる現実のストーリです。働くことの意味、会社という存在のい意味を深く教えてくれる1冊です。

参加者の意見・感想など

◎障害者雇用について

・経営者が覚悟を決めて雇用しているところもある。大きな会社にもそんな風土が必要ではないか。

・労働力としての雇用→受け入れ態勢の整備・職場でのコミュニュケーション態勢が必要(就労支援→NPOはまだ大きな力になっていない)

・ともすれば社会的弱者がコミュニテイのなかで強者のえじきになる事があるのではないか

◎経済原理の観点からは?

・「感動」だけでは社会は動かないのではないか?

・生産ラインがしっかりしている。誰が作業をしても事故がない工夫がされている

・この本では、ある程度利益を上げている会社が取り上げられているのではないか

・この本に紹介されていない会社でも、同じようなエピソードをもっている会社があると思われる。企業メセナとて悪いことではないと思われる。

・経営者目線としてのベースの考え方として、取り上げられている会社がどうやって高収益を出のか、その仕組みを掘り下げてほしかった

等、勤労者として様々な視点からの意見が出され、甲論乙駁、白熱した論議がかわされた。

 

 

 

 

サッカークリニック報告

7月13日(土)午後4時30分から5時15分

等々力競技場ピッチにて★★★参加者子ども12名・大人15名・スタッフ5名

猛暑の週末、当日早朝から競技場の周りはチケットや座席を求めるサポーターで長蛇の列、人気の浦和レッズ戦!我がエリアメネジメントのサッカークリニックの受け付けも元気いっぱいの親子連れで熱気倍増!フロンターレ田中コーチをはじめ若手の指導のもと、親子でチーム戦、対向戦などピッチを縦横無尽(?)に駆け巡り、息切れしてしまった保護者に比べ、子どもたちは真っ赤な顔でも余力十分。45分が短く感じられるほどの奮闘ぶり。その後の7時キックオフの試合では声をからして観戦!その甲斐あって(!)フロンターレが4-0での勝利!次回が楽しみな体験でした。

 

 

 

大そうじ大会実施しました。

7月6日(土)AM8:00~9:20

参加者:こども5名・大人7名

実施場所:エリマネ事務所~JR武蔵小杉駅北口まで

朝から30度を超える気温のなか、元気な子ども達の先導で開始。カン・ペットボトル・煙草の吸殻(ワースト1)などを拾い集めました。中には掃除機まで!

全員、快い汗を流して解散しました。

 

 

 

読書会を開催致しました

6月24日(月) 読書会を開催致しました。

会場:コミュニティルーム(リエトプラザⅡ)

参加者:12名

◆課題図書:村上智彦『医療にたかるな』(新潮新書)

○内容(AmazonHPより)
地域医療の風雲児が「恥知らずな人々」を一刀両断!
医療費をムダ遣いする高齢者、医療崩壊を捏造するマスコミ……。
財政破綻の夕張市に乗り込んだ医師が見た真実とは?  国の未来を喰いものにする「ごまかし」を暴く。

あらゆる「敵」を名指しして、例外も聖域もなく徹底的に叩く―地域医療の最前線でたたかう医師が、医療にたかる「恥知らずな人々」に宣戦布告!弱者のふりをして医療費をムダ遣いする高齢者、医療ミスを捏造するマスコミ・・・。
この国の未来を喰いものにする「甘え」と「ごまかし」の構造を容赦なく斬る。不満だけを訴えて、自らの手で健康と安心を守ることを忘れた日本人に贈る、過激かつ愛に満ちた処方箋。

○感想・批評(抜粋)

1.非常に刺激的で面白かった(NHKで著者をモデルにしたドラマが放映され、相乗効果があった。ただいくつか疑問点も残った)

2.本書で取りあげられていた、北海道・夕張のイメージが、自分のなかですつかり悪くなってしまった。

3.医療には、地域的・政治的な絡み(しがらみ)もあって、また地域格差が広がっている。

4.「とにかく注射をしろ」「クスリを出せ」と、なんでもかんでも病院に頼りきる性格は、他人事ではない。そこには、日本人の気質の縮図が書かれている。

5.在宅医療のメリット(家族に囲まれて安心感など)が取りあげられているが、そんなに単純にハッピーではないのではないか。そこにはデメリット(家族の負担が増加など)もあると考えられる。それは人によってケースバイケース。

6.死生観は個人的な問題であり普遍的には語れない。

7.医療において、なにか地域でできることはないか。たとえば、本書で書かれている「命のバトン」というのは、この小杉地域でも比較的簡単にできるのではないか。埼玉県T市でも実施されているようだが、NPOが、関係各所とタイアップして、普及の一翼を担うことは可能だろうと思う。

以上、今回のテーマである「医療」は、だれにとっても重要な関心事です。
いろんな感想と意見が交わされ、白熱した時間は瞬く間に過ぎました。

 

 

 

ちょっと小さな交流会が開催されました

ちょっと小さな交流会を開催しました。

始めに夏にちなんだ歌をみんなで歌い、

ストレッチ体操をして、身体をほぐした後、

本日は、中原保健福祉センターからお越し頂きました保健師の方から

あなたの健康づくり 「認知症②小さな変化を知る」

~こんなことができますか?チェックしてみましょう~についてお話を伺いました。80歳でエベレスト登頂を成功された三浦雄一郎氏に勇気づけられ人生の目標を持つ大切さ、将来の夢、生きている意味を見出そうとみんなでディスカッションして、楽しい時間を共有しました。

※シニアのための中原区おでかけマップ(中原区役所保健福祉センター地域保健福祉課作成)をもらいました。いろいろな催しものが掲載されていてとても参考になりました。

 

 

子どもサッカークリニック参加者 大募集!

 

子どもサッカークリニックに参加しませんか?

試合前に等々力競技場のピッチで、

初心者も参加できる子どもサッカークリニックを開催致します。

サッカークリニック終了後は、

「川崎フロンターレVS浦和レッズ」の試合を観戦します。

詳しくは、チラシをご覧ください。

6月1日(土) 大そうじ大会 実施します!

大そうじ大会 実施 します。

昨日、関東地方も梅雨入りしましたが

今週土曜日のお天気は、晴れの予報です。

皆さん、レジ袋( 2枚:分別ゴミ用)を持って、

大そうじ大会に奮ってご参加下さい。

朝8時 小杉駅周辺エリアマネジメント事務所に集合し

幾つかのグループに分かれて 清掃して行きます。

ゴールは、南武線武蔵小杉駅北口 バスロータリーです。

 

 

武蔵小杉駅周辺の地域コミュニティの形成や安全・安心のまちづくりをめざして 略称:NPOエリマネ