カテゴリー別アーカイブ: こすぎナイトキャンパス読書会

第154回こすぎナイトキャンパス「『罪と罰』を読まない」を読もう!のご案内

第154回読書会のご案内です。
今回の課題図書は、人気作家4人による読書会実録!
その名も「『罪と罰』を読まない」(文藝春秋)です。
51irOXWSyoL.jpg

今回の読書会に加わったのは、岸本佐知子、三浦しをん、吉田 篤弘、吉田 浩美の4氏。
本書は、4氏はタイトルだけならだれでも知っている「罪と罰」を「読まず」、わずかな手がかりから推理し、その後じっくりと読んで4人が語り合った抱腹絶倒の記録です。
そんな企画ですので、もちろん「罪と罰」を読んだことが無くても楽しめます。
皆さんの参加をお待ちしております!
★★詳細及びお申し込みはこちらから!★★
<第154回こすぎナイトキャンパス「『罪と罰』を読まない」を読もう!開催概要>
■日時:2019年10月23日(水)19:30~21:00

■会場:パークシティ武蔵小杉ミッドスカイタワー4階 カンファレンスルーム
※ミッドスカイタワー内で別の場所に変更の可能性あり。お申し込みの方には個別にご連絡します。

http://www.midskytower.com/access
■参加費:200円。課題図書は各自ご持参ください。
■持参物:
・課題図書「『罪と罰』を読まない」(岸本佐知子、三浦しをん、吉田 篤弘、吉田 浩美、文藝春秋、文藝春秋)
https://www.amazon.co.jp/dp/4163903666/

第153回こすぎナイトキャンパス 村上春樹「UFOが釧路に降りる」を読もう!のご案内

武蔵小杉の読書コミュニティ、こすぎナイトキャンパス高松です。
第153回の読書会のご案内です!
今回は、村上春樹の短編「UFOが釧路に降りる」を会場で最初に読んでから、感想などをシェアしていきます。
テキストは主催者側で用意しますので、皆さんに持参いただく必要はありません!
また当日読みますので、事前に読んでくる必要もありません。
前回、「文學界」に掲載された村上春樹の新作短編でこの形式をトライアルしてみたところ、たいへん好評につき、また実施します!
手ぶらで気軽に参加できますので、久しぶりの方も常連の方も是非この機会にご参加ください!
★★詳細及びお申し込みはこちらから!★★
 
<第153回こすぎナイトキャンパス 村上春樹「UFOが釧路に降りる」を読もう!開催概要>
■日時:2019年9月25日(水)19:30~21:00
■会場:パークシティ武蔵小杉ミッドスカイタワー1階 パーティールーム
http://www.midskytower.com/access
■参加費:300円。
■持参物:なし
■テキスト:主催者が用意します。
・課題図書「UFOが釧路に降りる」(村上春樹、新潮文庫「神の子どもたちはみな踊る」収録)
https://www.amazon.co.jp/dp/4101001502/

第152回こすぎナイトキャンパス「はじめて触れる戯曲」のご案内

みなさま
今回は、皆さんで戯曲(演劇の台本)を声に出して読んでいく「はじめて触れる戯曲」第4期の3回目をご案内いたします。
第4期では、まずは3回程度に分けてエドワード・オールビーの「ヴァージニア・ウルフなんかこわくない」を読んでいきます!
今回はその3回目(最終回)です。1回目、2回目に参加していなくてもまったく関係なく楽しめます!
514uJipcmIL__SX340_BO1,204,203,200_.jpg

2組の夫婦の間でエスカレートしていく言い争い。
その中で偽善に満ちた夫婦関係が浮き彫りになっていく、オールビーの傑作です。
ここまで、妻役、夫役のユーモアある罵り合いが実に爽快でした。
普段は全力で罵り合ったりはなかなかしないですから、スカッとするのではないでしょうか?
今回が「ヴァージニア・ウルフなんかこわくない」の最終回ですので、この機会にどうぞご参加ください!

<第152こすぎナイトキャンパス『はじめて触れる戯曲』第4期(3)」「ヴァージニア・ウルフなんかこわくない」>
■日時:2019年9月11日(水)19:30~21:30
■会場:パークシティ武蔵小杉ミッドスカイタワー1F パーティーラウンジ
■参加費:300円
■持参物:「ヴァージニア・ウルフなんかこわくない」(エドワード・オールビー、ハヤカワ演劇文庫)
https://www.amazon.co.jp/dp/4151400036/

★★詳細及びお申し込みはこちらから!★★

第151回こすぎナイトキャンパス「がんを抱えて、自分らしく生きたい」を読もう!のご案内

夏の連休、いかがお過ごしでしょうか。
第151回こすぎナイトキャンパス読書会のご案内です!
今回は一般社団法人プラスケアの「暮らしの保健室」とのコラボ。
著者参加の特別企画です!
「がんを抱えて、自分らしく生きたい」(PHP研究所)を課題図書として、著者である川崎市立井田病院医師・一般社団法人プラスケア代表理事の西智弘先生と一緒に感想などを自由にシェアしていきまう。