命と家族を守る体験で防災を学ぶ一日、 『こすぎ防災フェス』~普段あるもので非常時でも温かいものを美味しく食べよう!~

来る3月14日(土)に、小杉駅周辺エリアマネジメント主催の防災イベント、『こすぎ防災フェス』を開催します。第2回目となる今回は、”命と家族を守る体験”と題して、今後起こりうる地震など災害発生時に備え、前もって体験しておきたい複数のテーマに分けて参加型・体験型の展示を行います。数回にわたって、こすぎ防災フェスの準備状況と共に各テーマの見どころをご紹介いたします。

非常時のご飯体験?
08 防災フェス ご飯(家にあるもので、こんなご飯だって作れちゃう!)
まずはこちらの写真をご覧ください。これ、先日のイベントの準備で集まった際に、実際に作ってみたご飯です。いくつか作った中で勝ち抜いた、カレーピラフです(笑)。

基本的に家にあるものだけで作っています。非常食用のものは使わずに作りました。実際に食べてみても美味しかったですよ!

この調理は、炊飯用のビニール袋を用いて行われました。袋にお米と水、具材を入れて、お湯の中に入れて炊くだけでできてしまいます。この作り方のメリットは、食材を刻むといったした処理がいらず、衛生面で不安のある環境でも比較的作りやすい、袋で炊くので、外のお湯自身は飲用に適さない水でも使用することができる、(さすがに食べにくいのですが)食器がなくでも食べられる、食べる人数分だけ作れるなど、いくつか挙げることができます。しかし一番大きいのは、非常時でも簡単に温かい、いつものご飯に近いものが食べられること、お子さんなど非常時の食事にストレスを感じてしまっているようなときでも、比較的食べていただきやすいものになるのではないかと考えています。

当日、画像のカレーピラフともう一品を、実際に作って食べていただくことができます。是非この機会に、家にあるもので非常時も食事ができるようにするという考え方を身につけてみるというのはいかがでしょうか?
現在、企画・運営担当の防災ワーキンググループでは急ピッチで防災フェスの準備を進めています。このページでは他にもイベントの見どころをご紹介いたしますので、是非ご覧ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.